女の人

商品を販売する時に欠かせないPOSレジ|業務の最適化を図るツール

現在のスタンダードレジ

レジ

販売状況を管理

POSレジスターは、通常のキャッシュレジスターとは異なり、金銭のやり取りを下記録を管理することを目的としたレジスターになります。POSレジスターは、ネットワークにつながったレジスター端末から販売情報が集約され、蓄積、分析する事ができるようになっています。これを上手に活用することで販売情報をもとに、売上やコスト改善を行う事ができるのです。もともと本部機能を持ったチェーン化された店舗で導入され、すべての店舗での販売状況を本部で一括集約することが目的とされていましたが、金銭のやり取りのミスや不正を防止する目的で小規模店舗でも導入がなされるようになっています。更にこれをパソコンのネットワークと連動させることによりリアルタイムでの管理を実現させることができるようになっています。

コスト削減や売上向上

POSレジスターでの情報は、いつ、何の商品が、いくつ、いくらで販売できたかをデータ化します。さらに用途に応じて顧客情報として年代区分、性別区分、人数などをデータ化することが可能になります。店舗にとって在庫管理は最も難しいことの一つです。在庫が不足するとせっかくの販売チャンスを逃すことになります。逆に在庫余剰を発生させれば、在庫の無駄を抱えることになり、廃棄処分なども加わるとさらにコスト的ダメージは大きくなります。POSレジスターではバーコードスキャナーと組み合わせることで人的コストの削減や効率化、ミス防止に努めることもできます。また最近の傾向としてタブレット型のPOSレジスターも登場しています。汎用型のタブレットに専用アプリをインストールして使用するものです。